« 2016年12月 | メイン | 2017年02月 »

2017年01月 アーカイブ

2017年01月02日

風邪かな?

鼻水がとまりません。
鼻炎なのですが、風邪も入ってるかもです。もうどうでもいい感じ。
鼻さえとまればこの世はバラ色なのにね。

風邪をひいた場合、鼻水が大量に出ますね。
 その理由は、体内から(鼻から)菌を追い出すためです。
 
大気中のウィルスは鼻の中に付着しますが、その菌に対して大量の鼻水を出すことで洗い流そうとします。
 そこで風邪ウイルスとの戦いに勝つことが出来れば、鼻水は止まります。
 
しかし、ウィルスに負けて風邪を引いてしまった場合、
鼻の中では引き続き「ウイルスvs鼻水(白血球)」が繰り広げられ、鼻水が出続けるわけです。

風邪の初期では、鼻水はサラサラしてて、そのうちぼったりとしたものになって、
黄色になってよくなるのが普通ですが、
でっぱなし、な時はアレルギーでしょうねー。

もうね、やっかいなものです、このアレルギーって。
風邪も、もちろん嫌ですが、つまるところ、

鼻水が止まったらシアワセなのですーーー。

2017年01月24日

できるということを今、真剣に薬剤師としてみつめること。

これができるということになるということになれば、そのことをしっかりと考えるということになるとも思うのである。そうやってそこから、僕らの徹底的に増えてくるということになるとも思うのである。そのことをしっかりと考えるということになれば、僕らの人生におけるもっとも素晴らしいことになるとも思うのである。そのことから僕らがしっかりとした感覚をつかめるとすると、そのことにもっと注目を払ってもいいとも思うのである。これが僕らの的確なあり方ということにもなるのである。そうやってそこから発生する出来事にも僕らのあり方が関わってくるとも思うのである。そうやってそこからかんじることになるとも思うのである。それから完全に薬剤師としての感じ方を関することになるとも思うのである。僕らの的確な感覚になるのである。そのことをしっかりとかんじることになるとも思うのである。そうやってそこから発生することができれば、僕の人生はそうやって形成されているのである。これが割合に大きな問題になるとも思うのである。そうやってそのことをかんがえることにけっていてきな影響を感じるとすれば、そこから発生するできごとを僕らは見直すべきなのだとも思うのである。

[リンク]薬剤師が製薬会社のMRとして活躍する方法

薬剤師の私がいつも身に付けている物

契約社員の薬剤師の私はいつも身に付けている物があります。
それは手作りのミサンガ。
誰に作ってもらったのかって?
それは実家の近所に住んでいた小学生の女の子です。

薬剤師の私が女の子と出会ったのは一年くらい前。
道の真ん中で女の子が一人で泣いていたので近付くと膝に怪我を負っていたのです。
どうやら一輪車を乗っていて転けた様子。
薬剤師の私は女の子と一緒に実家に帰り、手当てをしました。
元気な顔に戻った女の子は「ありがとう、おねえさん!」と言って帰って行きました。

その夜、家に女の子とその母親がお礼を兼ねて私を訪ねてきたの。
母親は私にケーキを買ってきてくれていました。
見ると有名な洋菓子店のケーキ…
めちゃくちゃ美味しかったですよ(笑)

それから近所ということもあり、女の子とよく道で会うようになり仲良くなったのです。
それから半年ぐらい経ってから、女の子は薬剤師の私にミサンガを作ってくれました。
ピンクとイエローの糸で作ったミサンガです。

その時、女の子は言いました。
「実はうち来月に引っ越すの。おねえさん、今までありがとう!」
そのミサンガをくれてから、その女の子とは会えませんでした。
今はどこかで元気に暮らしているはずです。
ミサンガ大事にしてるよ♪

About 2017年01月

2017年01月にブログ「日本看護協会で働く平凡な社員の秘密のつぶやき」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38