« できるということを今、真剣に薬剤師としてみつめること。 | メイン | 気持ち悪くなった »

薬剤師の私がいつも身に付けている物

契約社員の薬剤師の私はいつも身に付けている物があります。
それは手作りのミサンガ。
誰に作ってもらったのかって?
それは実家の近所に住んでいた小学生の女の子です。

薬剤師の私が女の子と出会ったのは一年くらい前。
道の真ん中で女の子が一人で泣いていたので近付くと膝に怪我を負っていたのです。
どうやら一輪車を乗っていて転けた様子。
薬剤師の私は女の子と一緒に実家に帰り、手当てをしました。
元気な顔に戻った女の子は「ありがとう、おねえさん!」と言って帰って行きました。

その夜、家に女の子とその母親がお礼を兼ねて私を訪ねてきたの。
母親は私にケーキを買ってきてくれていました。
見ると有名な洋菓子店のケーキ…
めちゃくちゃ美味しかったですよ(笑)

それから近所ということもあり、女の子とよく道で会うようになり仲良くなったのです。
それから半年ぐらい経ってから、女の子は薬剤師の私にミサンガを作ってくれました。
ピンクとイエローの糸で作ったミサンガです。

その時、女の子は言いました。
「実はうち来月に引っ越すの。おねえさん、今までありがとう!」
そのミサンガをくれてから、その女の子とは会えませんでした。
今はどこかで元気に暮らしているはずです。
ミサンガ大事にしてるよ♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.standinginireland.com/mt3/mt-tb.cgi/42

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年01月24日 16:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「できるということを今、真剣に薬剤師としてみつめること。」です。

次の投稿は「気持ち悪くなった」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38